血液内科医の論文と日常

血液内科領域の論文などを載せています.

進行期低腫瘍量濾胞性リンパ腫に対して経過観察群と治療群を比較した試験

進行期低腫瘍量濾胞性リンパ腫に対して経過観察群と治療群を比較した試験 目次

 

関連記事のまとめ

www.blood-ketueki.com

 

 

論文タイトル:

Comparison in Low-Tumor-Burden Follicular Lymphomas Between an Initial No-Treatment Policy, Prednimustine, or Interferon Alfa: A Randomized Study From the Groupe D'Etude des Lymphomes Folliculaires
 

Pubmedリンク:

 
 

論文のPICO

P)

進行期低腫瘍量濾胞性リンパ腫

I )

経過観察群(Watch and Wait)

C)

インターフェロンα,Prednimustine群

O)

5 years OS→有意差なし
経過観察群(Watch and Wait)5years OS 78%
 

論文の追加情報

 Table1

患者情報
 

Figure1

高腫瘍量(high tumor burden)は低腫瘍量(Low tumor burden)に比べて予後が悪い.
 

Figure2

FFTに差はなし(aim1が経過観察群)
 

Figure3

OSに差はなし.
経過観察群 5 years OS=78%
 
論文のまとめ
経過観察群と治療群でOSに差は認めなかった.(もちろん現在の治療とは異なる)
 
高腫瘍量のFLは低腫瘍量に比べて予後がよくない(Figure1)

 今日の写真(一口飲んだビール)

f:id:ketsueki:20190606175833j:plain

ビール