血液内科医の論文と日常

血液内科領域の論文などを載せています.

【PBML】骨髄原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

 
 

論文

Title(英語):
Primary bone marrow lymphoma is a rare neoplasm with poor outcome: case series from single tertiary care centre and review of literature
PubMed link:
 

 論文読む上での基礎情報

骨髄原発DLBCLは珍しいDLBCLで予後が悪いことが知られている.
 

 Clinical question

骨髄原発DLBCLについて発表前にまとめ(備忘録も兼ねて)
 
疑問としては「骨髄原発DLBCLはどのように再発するのか?」
 
この論文のKey point
現在のところ,標準的な治療は決まっていない.
 
診断からの生存期間の中央値は14.9ヶ月,
また,70%が2年以内に再発している.
(症例数からバイアスは十分考えられる.)
 
 
予後はかなり悪い.
化学療法中の死亡も多く,2年以内の再発も多い.
 
現状ではR-CHOP療法を施行しているが,芳しい成績はえられておらず
DA-EPOCHや最初のレジメンからAuto-PBSCTするなどの方策を考えていく必要があるか.(現実的には難しい.)
 
 

 Table and Figure