血液内科医の論文と日常

血液内科領域の論文などを載せています.

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)2年間再発しないと予後はどうなるか?

 

 

 

 

論文

Title(英語):
Event-Free Survival at 24 Months Is a Robust End Point for Disease-Related Outcome in Diffuse Large B-Cell Lymphoma Treated With Immunochemotherapy
Title(日本語):
免疫化学療法(リツキシマブ併用化学療法)で治療されたびまん性大細胞型B細胞リンパ腫における24カ月の無イベント生存率(EFS)は疾患関連予後の強力な因子である.
PubMed link:
  2014 Apr 1;32(10):1066-73.

 論文読む上での基礎情報

 

 Clinical question

EFS24を最初に示した論文を読んでみた.
簡単にまとめる
 

この論文のKey point

EFS24とは?

EFS24の定義は診断から何かイベント(再発や死亡など)が起きるまでの期間.
診断された日からというのがポイント

 

 
EFS24を達成すると全生存率は一般集団と変わらなくなる.

 論文のポイント

簡単にまとめる.
ぜひ,原著論文を読んでみてください.
 

Table1:患者背景

EFS 24の達成率は71%である.
 

Figure1A 

DLBCL全体でみたときのイベント

DLBCLの再発が多い.
 

Figure1C

EFS24を達成した群では,他の原因でのイベントが多くなる.
 
 

Figure2A

DLBCLと診断された群でのOS
一般集団が黄色,DLBCL全体が青
 

DLBCL全体だと全生存率は低下する.
 

Figure2B

EFS12を達成した群.
まだ,DLBCL群でOSは下がる.
 

 

Figure2C

 
EFS24を達成した群
全生存率は変わらず.

論文の要約

EFS24を達成した場合,全生存率は一般集団と変わらなくなる.
 
DLBCLについてはEFS24をまず最初の目標とする.