血液内科医の論文と日常

血液内科領域の論文などを載せています.

進行期低腫瘍量濾胞性リンパ腫 リツキシマブによる化学療法(R メンテナンスはなし)

f:id:ketsueki:20190606164830p:plain タイトル:Rituximab induction immunotherapy for first-line low-tumor-burden follicular lymphoma: survival analyses with 7-year follow-up

Pubmedリンク: Ann Oncol. 2012 Sep;23(9):2380-5.

www.ncbi.nlm.nih.gov

論文のPICO

P)

進行期低腫瘍量濾胞性リンパ腫

I)

リツキシマブ単剤による化学療法 毎週 375mg/m2 を4週間

C)

比較対象なし

O)

ORR:80%

CR:52%

PR:28%

SD or PD:20%

PFS:23.5M

7years OS:91.7%

論文の詳細

Table1

f:id:ketsueki:20190606164836p:plain

Figure2

f:id:ketsueki:20190606164840p:plain

ORR:80%     CR:52%

    PR:28%

SD or PD:20%

PFS

f:id:ketsueki:20190606164844p:plain PFS:23.5M

Figure5

f:id:ketsueki:20190606164848p:plain BCL2陽性とBCL2陰性をPFSで比較した. BCL2陽性:12.0M BCL2陰性:36.7M (P=0.019)

BCL2陽性群は早期再発の可能性あり.

論文のまとめ

進行期低腫瘍量濾胞性リンパ腫に対してR単剤(メンテナンスなし)の結果 比較試験ではない. PFSは23.5M ORR 80%

BCL2陽性群は早期再発する可能性がある.